Web開発ツールズ

文字列をJavaScriptのコードに書き換えます

document.write( ~ ); が自動的に挿入されますので、JavaScriptを使って文字列を書き出す際にご使用ください。

文字列の入力

【メソッド】
メソッドのタイプ
open() と close()
引用符のタイプ
終了タグスラッシュ
【要素・ウィンドウ名】
<script> 要素
<!-- // --> コメントアウト
変数・ウィンドウ名 .

JavaScriptコード

  • メソッドのタイプ
    write ではそのまま書き出しますが、writeln の場合は行の最後に改行コードを追加して書き出します。(pre要素内で使用すると違いが分かりやすいです)
  • open() と close()
    ページの読み込み中に書き出す場合は、open() と close() は必要ありません。新たに書き込みを行なう場合に、この2つを使用してください。
  • 引用符のタイプ
    文字列の中にダブルクォーテーション( " )が含まれる場合は、「シングル」を使用してください。逆にシングルクォーテーション( ' )が含まれる場合は、「ダブル」を使用してください。どちらも含まれている場合は、書き換えを完了した後にご自分でエスケープ処理を行ってください(以下の \ の部分)。
    (例: document.write("<p class=\"example1\">サンプル</p><p class='example2'>サンプル</p>");)
  • 終了タグのスラッシュ
    <script>要素内で終了タグを書き出す場合は、スラッシュ( / )の部分をエスケープしておいた方がいいそうです(以下の \ の部分)。外部ファイルの場合は<script>要素を使用しないので、エスケープする必要はありません。
    (例: document.write("<p>サンプル<\/p>");)
  • <script> 要素
    外部ファイルの場合は、<script>要素は使用しません。
  • <!-- // --> コメントアウト
    古い一部のブラウザを意識する場合は、コメントアウトを使用してください。それ以外では不要です。また、外部ファイルの場合はコメントアウトは使用しません。
  • 変数・ウィンドウ名
    ウィンドウ名などを設定する必要がある場合は、この欄に入力してください。(末尾のドットは不要です)

Web開発ツール集