Web開発ツールズ

平文

アルゴリズム


暗号文

暗号(あんごう、cryptography, cipher, code)あるいは暗号化(あんごうか、Encryption)とは、第三者に通信内容を知られないように行う特殊な通信(秘匿通信)方法のうち、通信文を見ても特別な知識なしでは読めないように変換する表記法(変換アルゴリズム)のことである。通信だけでなく保管する文書等の内容を秘匿する方法としても用いることができる。

AES

AESはSPN構造のブロック暗号で、ブロック長は128ビット、鍵長は128ビット・192ビット・256ビットの3つが利用できる。AESの元となった Rijndael では、ブロック長と鍵長が可変で、128ビットから256ビットまでの32ビットの倍数が選べる。NISTが公募した際のスペックに従い、米国標準となったAESではブロック長固定、鍵長も3種類に限られた。

DES

DESは原型ともいうべきブロック暗号であり、固定ビット長の平文を入力とし、一連の複雑な操作によって同じ長さの暗号文を出力するアルゴリズムである。DESの場合、ブロック長は64ビットである。また、変換をカスタマイズする鍵を使うため、暗号化に使った鍵を知っている者だけが復号できる。鍵は見た目は64ビットだが、そのうち8ビットはパリティチェックに使うため、アルゴリズム上の実際の鍵の長さは56ビットである。

RC4

RC4はRon Rivestにより1987年に開発されたストリーム暗号であり、このアルゴリズムで発生させた疑似乱数列と平文との排他的論理和が暗号文となる。RC4はWEPのように利用方法によっては安全性を保てない。RC4はWEP、WPA、MPPE (Microsoft Point to Point Ecryption)、Winny、SSL(オプション)、SSH(オプション)で暗号化をするのに使われている。

暗号化アルゴリズムについて、Wikiを参照してください。